日記

じぶんの『食』・身の回りの『食』に想いを馳せよう。


↑やさいやふうどの午前中は“闘い”です。各地から届く野菜/果物/食材を一気に陳列&袋詰めします↑
 
こんにちは。店長ノムラです^^
「環境保全?有機農業?フェアトレード?食育?SDGs?」
八百屋仕事を始めた当初から現在まで、現れては消えるこれらのトピックワードを巡り、
時に悶々とした“問い”が、とある投稿から転じて晴れたように思います。
 
まとまらないけど書いてみます。
自己を省みつつも、食&農業関係者、誰も味方がいない投稿かもしれません(^^;
 
==================================
 
食と環境保全をつなげ、
食の見直しや農の意義(大半は有機農業の推進)を語る人がこれまで多かったように思います。
 
以前から『環境負荷(保全)・有機農業・食』の3要素をつなげた表現を用いる場面。
たくさんたくさん見てきました。私が大学生だった20年前も同じこと言ってました。
でも20年ほぼ改善されてないことをふまえると、『 』内を掲げることの意味を考えてしまいます。
 
『環境負荷』と『農業』の関係、ごくごく一部は改善されているような気もします。
※末尾補足1へ
 
残る1要素。肝心の『食』は足元から崩れまくっているように思えて仕方がありません。
 
ひとりひとり、自らの『食』生活について考える
 
環境問題や農業問題も大切ですが、トピックワードに流されず、
自分の『食』を思い浮かべ、整えながら、身の回りで起きる出来事を考えてみませんか。
※単なる正解不正解ではありません。末尾補足2へ
 
できれば低価格で低カロリー低糖質低脂質で、
できれば手をかけず袋を開ければ食べれて、適当な栄養摂取と満腹中枢の充足が得られれば良い。
できれば添加物使わない良い材料で。
できれば世界の環境保全にも役立つような。
 
そんな他人事のように『食』がいつでも無限に選べると思い込み、
誰かの尽力で『目の前にある食』が成立していることを忘れた人が多くなったように思います。
こだわりたい(≒満たしたい)条件、どんどん増えていませんか? ※アレルゲンetc.身体上の制約を除きます
 
視点を変えます。
「自分の『食』を考えてみて」と書きましたが、「常に100点の食を」とは書いてません。
こだわり・条件的願望が増える一方、多くの人は神聖な食生活を望んでいません。
時に自炊して、買って、外食します。たまに気づいて律すればいいんです。
それぞれの食産業はそれぞれの需要があって成立し、一次産業は供給面で支えています。
 
食育を語る必要もありません。語らず、日々の実践こそ。※末尾補足3へ
“食育というワード”使って流行らせ、仕事にしたい人だけが語る食育ってなんだろうかと感じます。
“食育が想定する世界”の前々々段階で崩れはじめていることにもっと目を向けてほしい。
 
図らずも家メシする機会が増えた2020年3月。
自分の『食』に“食欲”があるのか、ルーツやポリシーや共通性があるのか。
こだわるとしたら何を優先しているのか。こだわりすぎて自滅していないか。
はたまた何も考えてなかったか。
普段の『食』を思い浮かべてちょっと整える、普段の買い物に反映させる。
お子さんや旦那さんに夕ご飯の準備を手伝ってもらう。食べ物についてどんな話題でも良いので話す。
そんな時間に充ててみる、今は良いタイミングなのかもしれません。
 

春の定番!愛知田原市・鈴木教広さん“のりさんトマト”赤く色づいて収穫⇒翌日届きます。
「やさいやふうど・品出しの話」はこちら。

 
—–
※補足1
農業が強いる環境負荷の“度合い”は年々低くなっているような、なっていないような。
①農薬使用制約がかなり厳しくなりました
②一方で、農薬を使わない栽培でも、石油資材&動力はたくさん使います。農業資材は増えたかも。
 
※補足2
食生活の解は1つではなく、多くは正解。たくさん正解。
時に正解で不正解。今と過去と未来で最適解も変わります。
自分自身に合っていれば正解ですが、他人には不正解に映るかもしれない。
そんな各々の正解や不正解を責めず、同調を求めず、無視せず認め合ったり尊重(not忖度)する感覚も大切です
 
※補足3
“食育”はアピールするものではないですよね。1ワードで片づけてよい内容でもない。
日常そのものです。“イクメン”というワードも似たようなニュアンスを感じます。穿った見方でしょうか(^^;
—–


この記事に関連するタグ

どうでもよい話 売場は世間の鏡 店長日記